別に画を載せることは無かったんじゃないかと、いま猛烈に後悔しています(え)。