実際に描いてみると凄く感じるんですけど。
色、少ねえ―――!!!!

基本的には、肌色と薄黄とピンクだけです。
まぁ、その狭い範囲で色のバリエーションをつけている為、ウチみたいにモニタの性能が悪いPCだと、塗りワケが難しいというコトも起こってしまうんですがね。

それにしても、「S☆S」に比べると、とんでもなくシンプルですね。
線にしても塗装にしても。描く方にしたら、ありがたいコトですが。
まぁ、相変わらずフリルの感じが全然分かりませんがね…

我ながら、身体を捻った構図に挑戦したのは、ちょっとしたボウケンでした。
さり気無くだけど、イラスト描き始めた頃より上手くなっている気がする…