しまった…
今までオマケシール的ノリで製作時間を抑えて来たのに、ちょっと調子に乗って憂いのあるメレを描いてみたいなんて思ったオレ。
別に完成品がクオリティ高いわけでもないんだしさ(第一、画のクオリティは求められてないしな!)、適度に手を抜けるネタを選ばないといかんね、うん。

この画で一番上手くいったかなぁ~と思うのは、頭のクルクルした部分を側面から見た時の感じが割とキレイに描けたわってトコです。